HG 局地型ガンダムを製作したのでレビュー

2016年7月9日ガンダムオリジンから局地型ガンダムが発売されます。

一年戦争以前を描いたガンダムオリジンでは、連邦軍・ジオニック社のMS開発の流れを紐解きます。

局地型ガンダムは陸戦型ガンダムやガンダイバーの雛形となる機体だそうで、特徴的なデザインということです。

局地型ガンダム

いわゆるアムロが搭乗していたガンダムは「RX-78-02」です。

そして今回の局地型ガンダムは「RX-78-01(N)」ということで、いつか出る02を意識してのナンバーであることがわかります。

そもそもガンダム自体もいつの間にか「RX-78」に02がついた印象がありますが、やはり商品展開上必要なことなのでしょう。

冒頭でガンダイバーの雛形と書きましたが、実は私ガンダイバーってなんのことかよく知りませんでした。

どうやら水中型ガンダムのことみたいですね。

画像検索してみると結構かっこいい。

こんなニッチなMSもいつか立体化してもらいたいですね。

局地型ガンダム 製作 レビュー

7月9日発売されました「局地型ガンダム」を早速購入しましたので、製作・レビューして見たいと思います。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

オリジン版もついに10作目となりました。

相変わらず箱絵がかっこいいですね。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー6 局地型ガンガム 製作 レビュー7 局地型ガンガム 製作 レビュー8 局地型ガンガム 製作 レビュー9

ランナー数はそんなに多くありません。

A1ランナーは同じものが2枚になっています。

素組レビュー

局地型ガンガム 製作 レビュー10 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

どう見てもガンダムなのですが、やはりRX-78-2とは全く違います。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

バックパックのバーニアが見たことない形状をしています。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

光の加減で若干色味が違いますが、下から二番目の左を向いている画像が一番実物に近い色味かと思います。

このブルーの色味は結構好みです。

 

シール貼りと墨入れ完成品

オリジン版のシール点数はかなり多い方なように感じます。

局地型ガンガム 製作 レビュー1

HGのこのサイズのMSに、これくらいシールを貼るとかなり密度感が出るので嬉しいですね。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

墨入れは箱絵を意識してブラウンで行っています。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

バーニアの形状は、このMSの後に続く水中用MSへの進化を意識してのことなのでしょうか。

局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1 局地型ガンガム 製作 レビュー1

ツインアイは中にシールを貼って、上からクリアパーツ(赤)をかぶせるようになっています。

シール貼りっぱなしではないので、なんだか深みが出ていていい感じです。

 

局地型ガンダムという新たな設定から出てきたガンダムですが、割と渋めなかっこいいMSでした。

あと、オリジン版は稼働ももちろんですが、全体的なデザインやプロポーションも本当に完成されている感じがします。

次回はどんなMSが出てくるのか楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプラモクラブをフォローしよう!

スポンサードリンク