プラモデルのパーツがつながっている枠、ランナーからパーツを切り離すには。最低限必要な工具と作り方の基本

スポンサードリンク

プラモデル作ってみたいけど何を用意すればいいのかわからないという人向け。プラモデルのパーツが繋がっている枠からパーツを切り離すのに最低限必要なものを紹介します。パーツを組み立てて作るプラモデルですが、箱から出した時、ランナーという枠にパーツが繋がっています。切り離す時の工具と、切り取ったパーツをきれいに見せるための工具。ニッパーとデザインナイフについてです。

これがないと始まらない「ニッパー」

プラモデルというものは基本的に、パーツを組み合わせて作っていくことになります。

パーツはランナーと呼ばれているプラスチックの枠にゲートという部分を介して繋がっていますので、それをニッパーで切り離していきます。

L1030250

なるべく薄刃のものが良いでしょう。細かい部分もパーツを傷つけることなくゲートを切断できます。またほんのわずかな違いかもしれませんが、薄刃で精度の良いニッパーはパーツの切り離し時に余計な力が必要なく、スッと刃が入っていきます。結構な数のパーツを切り離すことになるので、このわずかな違いもありがたいです。

ニッパー

上の画像のものはタミヤのモデラーズサイドカッターという製品で1,200円くらいの物なのですが、正直切断した後のバリが結構残ります。おすすめは同じタミヤの「薄刃ニッパー」です。ゲートカット用と銘打たれていることからもわかるようにゲートとパーツの間にほんのすこしの隙間しかなくても綺麗にパーツをとりはずすことができます。

また切断面も差が出ます。通常のニッパーだと刃が厚いため断面が押し切られたように若干いびつな形状になってしまいますが、「薄刃ニッパー」だと断面が平らになり、その後の手間がかからず効率よく作業することができます。
だいたい定価で3,000円くらいなのですが、ニッパーは是非良いものを一本持っておいたほうが効率が良いと思います。

パーツのバリを取り除く「デザインナイフ」

パーツを切り離した時にゲート跡が残ってしまうことが多くあります。バリと呼んだりするのですが、ニッパーの精度によっては無視できない状態になってしまいます。

塗装する人にはもちろん、素組で完成させる人もこれを処理するかどうかで完成度がかなり変わってくると思います。

バリ バリ2

つるっとした表面に綺麗に切れなかったゲート跡(バリ)がが残ってしまっています。

完成度を高めるためにも是非綺麗に取り去りたいバリですが、具体的には「デザインナイフ」を使っていきます。

プラモデルの道具コーナーに置いてありますが、基本的に文房具店で売っているようなものでもOKです。かなり刃先は鋭いので注意して取り扱うようにしましょう。

L1030261

パーツのバリを取りたい部分の平面と平行に、力を入れずに少しずつそぎ落とす感じでやりましょう。

パーツと鋭角に刃を入れてしまうとパーツがえぐれてしまったり、無理な力をかけてしまい指を切ってしまうということになりかねません。慎重にゆっくりと作業することを心がけてください。

また、切れ味が衰えてきたと思ったら替えの刃を交換してください。作業効率が良くなることはもちろん、仕上がりもきれいになります。

また指を怪我するときは意外ですが、切れ味の良いときよりも切れ味の悪い時の方が多いと思います。無理に力を入れることがないよう、刃は切れ味が良い状態を維持するようにしてください。

ニッパーとデザインナイフ

初心者はもちろん、ベテランまでなくてはならない両アイテムです。プラモデルを作ってみたいという方はこの二つ、最低ニッパーだけという場合は良いものを用意してください。

ニッパーは良いものを使ってもらいたいところですが、初めてだしそんなに費用はかけたくないという方であれば、手頃な値段でも出ていますのでそちらでも良いかもしれません。

しかし、そんな場合はデザインナイフも用意した方がいいと思います。完成度に差が出ます。

またデザインナイフに関してはバリを取り除く他にも、シールを貼る時など余白部分を切り取って、より馴染みをよくしたりなど結構重宝します。

最小限の道具でまず始めてみたいという方、この両ツールがあれば最近のスナップフィットタイプのプラモデルであれば問題なく作成ができます。

是非お気軽に始めてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプラモクラブをフォローしよう!

スポンサードリンク