HGUC ギャン リバイブ版の「つや消し」と「墨入れ」

先日レビューしたHGUCギャンに墨入れとつや消しを行いました。

また、モノアイにはおなじみのメタルパーツとドーム型のパーツを付けてキラッと光るようにしました。

デカールはサードパーティー製のものを使っています。雰囲気重視で適当に貼ってみましたが、オレンジ色のデカールが合うようで、気に入りました。

HGUC ギャン 完成品

素組に本当に簡単なことをしただけなので、完成品というのも大仰かもしれませんが、一手間加えました。

大きく改修してみる技術がないということもありますが、つや消しと墨入れという基本工作だけで結構見違えます。

つや消しをすると質感が整う

なかなか分かり難いかもしれませんが、トップコートをすると表面の独特のプラスチック感が消え、質感が整うので結構雰囲気が変わります。

HGUC  ギャン 完成品2 HGUC  ギャン 完成品

プラスチック自体のツヤが消えているかと思います。

HGUC ギャン リバイブ

トップコートかける前

上記がトップコートする前の画像なのですが、並べてみると一目瞭然です。

つや消しのトップコートを施すと、表面が若干ザラついた感じになり、ツヤ感がなくなります。

MSの種類にもよるかもしれませんが、ツヤなしの方がおもちゃっぽさがない気がします。おもちゃですが。

HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品

墨入れはグレーをほどほどに

墨入れはあまり主張しない程度が好きなので、結構薄めに申し訳程度にやるのですが、写真だとあまり分からないですね。

濃いめのブルーのところなんかを見ると若干ですが、グレーっぽく見えるかもしれません。

HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品

ショルダー部分にラピーテープ

上部からの写真だとわかる程度なですが、ちょっと間が空いていたので、ラピーテープを張っています。

HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品

モノアイにはメタルパーツ

ジオン系のMSにはどうしてもやってしまいます。

メタルパーツと、同系のドーム型のパーツをねじ込んであります。

具体的な方法については、別記事でメタルパーツを使ったモノアイのディティールアップ方法というのがありますのでごらんください。

お手軽なディティールアップ方法だと思います。

HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品 HGUC  ギャン 完成品

実は結構久しぶりにトップコートまでやってみたのですが、やはり印象が結構変わりますね。

これからの季節、隣家でも窓など開けているケースも多くあると思いますので、なおさらシンナー系の臭いが出てしまうツールは使いにくくなるかと思います。

今後は、目立たず、迷惑をかけず、理解を得て、できることならトップコートも使ってみようかと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプラモクラブをフォローしよう!

スポンサードリンク